スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

how to え メモ3

how to え メモ3

自分用絵描き手順メモ。
今回はスキャン-主線摘出編


使用ソフトはPhotoshop 6.0

1. 主線のチャンネル保存

●スキャンした画像を開く。
●「選択範囲」→「全てを選択」(⌘+A)
●「イメージ」→「コピー」(⌘+C)
●「チャンネル」→「新規レイヤー」→「ペースト」(⌘+V)
●「イメージ」→「色調補正」→「段階の反転」

2. 主線の透過処理

●チャンネルのRGBを選択→レイヤーに戻る
●レイヤーをクリック→新規レイヤー
●「選択範囲」→「読み込み」→主線を読み込む
●色を流し込む
●レイヤー名「主線」にする

3. パーツ分け処理

●自動選択・投げなわ・ペン先ツールを使って、各パーツをつくる
●それぞれ「顔」「首」などレイヤー名をつける
●選択した範囲に「白(見やすい色)」を塗りつぶしツールで塗る
●主線以外「透明部分の保護」にチェックをいれる
●パスにペンツールで髪の毛のパスを作る。白で塗りつぶす

4. 色塗り

●主線→顔→髪→服→小物 の順に塗っていく
●薄い色→濃い色で塗る
●指先ツール・ぼかしツールを使い、滑らかに
●覆い焼きツール・焼き込みツールで整える



1)~2)はアクションに登録しておくと よい





Photoshop 6.0を使っていたときのメモです。
今はELなのでチャンネル使えませんorz

CSになるとまた使い勝手が違うかもしれませんが、
参考までに。





コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menaett.blog9.fc2.com/tb.php/52-7cf0120c






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。